血行をよくすることが健康

昨日の続き・・・

血液は栄養と酸素を細胞に送り

不要な老廃物、二酸化炭素を細胞から受け取ります。

血液が細胞の隅々まで行き渡る状態=血行が良ければ

細胞は活性化するので体の調子が良くなります。

反対に血行が悪いと細胞に栄養や酸素が送られず

老廃物が溜まるので細胞は調子が悪くなります。

この細胞に栄養を送り、老廃物を受け取ることを代謝といい

代謝が行われるとエネルギーが産まれ熱を持ちます。

余談:ダイエットで何もしなくてもカロリーを消費する

基礎代謝という言葉を聞いたことがあると思います。

血行が良いと代謝が良くなる=熱(エネルギー)が産まれる

=燃焼するので脂肪が燃えます。

血行を良くすることで脂肪が燃焼しやすい

太りにくい体になります。

以前にも「健康を目指すと自然と体はキレイになる」

と書いたことがありますが、本来の血行の良い状態だと

太りにくくなります。

「冷え性」は血行が悪くなり代謝が行われないため

熱が生じないので冷たくなった状態です。

昔、薬など何もなかった時代

痛い所(患部)に手を当てていました。

手を当てることで患部が温まり血行が良くなることで

患部が回復する。

これが未だに治療行為を「手当て」という語源です。

「痛い」と冷やすといいと思っている方が多いですが

冷やすのは「急性」の時と「激痛」の時だけで

基本は温めたほうが回復します。




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
(月・日は18:00まで)
水曜定休

メールでの問い合わせはこちらから

メールは24時間受け付けております。面倒な登録はありません。
12時間以内に返事がない場合でお急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です