西洋医学と東洋医学の違い

薬,必要,

西洋医学と東洋医学では考え方が
根本的に違います。

何が根本的に違うかというと
「症状」の捉え方。

西洋医学は症状を「命の危険」
と捉えます。

ですから症状が出たら
それを「抑える」
ことを考えます。

東洋医学は症状を「治るための自然治癒のプロセス」
と捉えます。

ですから症状が出たら
それを「促進させる」
ことを考えます。

 

例えば、風邪をひいて熱が出ます。

西洋医学では熱が出ると命の危険と捉えるので
解熱剤等で熱を下げようとします。

東洋医学では熱はウイルスをやっつけるために
体が体温を上げているのでから
熱はそのまま放置で自然に下がるのを待ちます。

西洋医学は対処療法と言って
とりあえず「今」安定することを目指し、
「病気」にフォーカスします。

東洋医学は根本的な
「健康」にフォーカスをしています。

痛み、ダルさ、熱・・・
様々な症状はなぜ起きるのでしょうか?

「あなたにとってその薬は本当に必要ですか?」

「体にとって本当に良いことは何か?」
知識を付けないと、大事な体を壊すかも知れません。




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
(月・日は18:00まで)
水曜定休

メールでの問い合わせはこちらから

メールは24時間受け付けております。面倒な登録はありません。
12時間以内に返事がない場合でお急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加