【薬は飲まない方がいい】

「ドクターズルール425」
(クリフトン・K・ミーダー編、福井次矢訳)
1994年に医師のための心得を集めた本があります。

アメリカの医学部長などを歴任した編者が、
医師のための心得として教育や診療の場で試し、
実際に臨床上役立つものを425のルールとして
まとめたものです。

薬についての記述

・可能ならすべての薬を中止せよ。
それが不可能ならば、できるだけ多くの薬を中止せよ

・投与する薬の数は最小限にせよ

・効果のない薬は中止せよ

・特定の臓器に特異性のある薬は存在しない。
すべての薬の効力は全身におよぶ

・老人のほとんどは、服用している薬を中止すると
体調がよくなる

最終的に薬を飲む選択をするのは本人です。
そして、その結果どういう状態になっても
誰も代わってくれません。

今、病気で薬を飲んでいる人は
「薬は飲まない方がいい」と言っても
聞きたくもないでしょう。

元気なうちに情報だけでも知っておいて、
自分の体にとって良い選択ができればよい
と思っています。

アメリカで「ドクターズルール425」という

お医者さんが書いた本があり、
薬は飲まないほうがいいよ!
と書いている本があります
というご紹介です。




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
(月・日は18:00まで)
水曜定休

メールでの問い合わせはこちらから

メールは24時間受け付けております。面倒な登録はありません。
12時間以内に返事がない場合でお急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加