玄米が体に良いと言われる3つの理由!栄養価が白米の4倍!

玄米,栄養,

最近、来院された患者さんが
「整体院のブログを楽しく読んでいます。」

と言われました。

「嬉しいです!」

色々書いていますが感想等いただけると
書き甲斐があります。

玄米について質問されたので、
今回は玄米について書きます。

「玄米は体に良い」と言われていますが、

「なんでいいのか?」

掘り下げて説明します!

 
 
「米」は稲という植物の種です。
この種は実った状態では、
もみ殻という殻に包まれています。
 
この、もみ殻の部分を外したのが「玄米」
玄米から果皮、種皮、糊粉層など「ぬか」と
呼ばれるものを取り除いたのが「胚芽米」
そこからさらに胚芽まで取り除き、
胚乳だけにしたものが「白米」です。
玄米,白米,

 

玄米が体に良い理由1:玄米は生きている!

 

白米ははやわらかく甘みも強いので
日本人はとくに好んで白米を食べますが、
白米は米の最も大事な部分を取ってしまった
「死んだ食物」です。
 
リンゴの皮をむいておいておくと
酸化して茶色くなります。
 
精製したお米も色こそ変わりませんが、
皮をむかれているので、玄米より早く
酸化してしまいます。
 
自家精製器などで、精米したての白米を食べると
おいしく感じるのは、白米が酸化していないからです。
 
白米には「ぬか」と「胚芽」の部分がありません。
ですから水に漬けておいてふやけるだけで、
発芽することはありません。
 
しかし、玄米は適度な温度であれば
水に漬けておくと発芽します
 
発芽することのできる玄米は
生命力を秘めた「生きた食べ物」だと言えます。
 

玄米が良い理由2:栄養が白米よりもとても豊富

 

精製されていない穀物には、
体に良い栄養素がたくさん詰まっています。
 
タンパク質、炭水化物、脂肪、食物繊維、
ビタミンB1や、ビタミンE、鉄分やリンなどの
ミネラルといった多量の微量栄養素がバランスよく入っています。
 
そしてエンザイムもたくさん入っています。
 
玄米は白米がどれほど良いものでも、
栄養素は白米の4倍もあります。
 
とくに胚芽部分には、さまざまな栄養素が
いっぱい詰まっていますから、玄米でなくても
胚芽が残っている胚芽米がおすすめです。
 

玄米が良い理由3:ダイエットにも効果的

 
 
炭水化物は太ると言われてお米を避けている方もいますが、
けっしてそんなことはありません。
 
もちろん、何でも食べ過ぎはよくありませんし、
玄米だけ食べれば良いということもありません。
何でもバランスが大事です。
 
玄米がダイエットに良いと言われるのは
栄養価が高く腹持ちがよくなるからです。
また、よく噛んで食べますので、
食事の時間が長くなります。
 
そうすると、食べている間に血糖値が上がって、
食欲が抑制され、食べ過ぎを防ぐことができます。
 

玄米食のはじめかた!

玄米は炊くのが大変だという人が多いのですが、
市販されている炊飯器には玄米炊きの機能がありますので、
普通に白米を炊くのと同じでできます。
 
玄米用の水の分量もお釜に印はありますので、
そこに合わせて炊けば大丈夫です。
 
 
抵抗のある方は最初は白米と混ぜて炊いたら
いいかも知れません。
 
精製していない穀類が良いのは
「麦」の場合も同じです。
 
小麦も精製すると、栄養素は激減します。
パンやパスタを楽しむときは、
全粒小麦粉を使ったものを選ぶとよいです。
 
栄養的にも非常に良い玄米!
是非、食事に取り入れてみてほしいです。
 
 
たまに
「玄米を食べて調子よくなりましたか?」
と聞かれます。
 
残念ながら
とくに実感はありません・・・
 
しかし、私はほとんど病気にならないので、
効果はあると思っています!
 
 
PS
 
いきなり玄米を1袋買うのは、
もし口に合わなかいことも考えて躊躇するかもしれません。
 
もし、試してみたい方がいらっしゃいましたら、
3合差し上げますので、お気軽に声を掛けてください。



ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ