アルコールを分解するのは肝臓です。
肝臓は解毒するところです。
解毒作業は肝臓の最優先業務です!
  
   
アルコールは体からすると「毒」です。
アルコールを摂取すると肝臓は解毒作業を
一生懸命します。
 
 
ですから肝臓の通常業務の
グリコーゲンの貯蔵業務が後回しになります。
 
 
アルコールを摂取している時は
お酒を飲みながら食べているものが
いつもより多く脂肪細胞に運ばれます。
 
 
お酒を飲みながら食べると太る
というのはこういう肝臓のメカニズムのせいです。
 
 
なのでお酒を飲む時はいつもより
食べないように気を付けたほうがいいのです。
 
 
ちなみにアルコールを飲むと満腹神経がマヒするので、
いつもより多く食べてしまえます。
 
 
こういう体の理屈を「知る」と
ダイエットをしたい方は
自然とお酒を控えるようになると思います。
 
 
もしくはお酒を飲んでいる時は
食べるのを控えると思います。