骨盤矯正の話 その3 骨盤の開きが下腹ポッコリの原因!

骨盤が開くと何が悪いのか?

というと

1、骨盤内の容積が増えるので、その増えた(広がった)所に

内臓が下がってきます。

このことにより「下腹ポッコリ」になります。

また、内臓が圧迫されるので、

便秘、お腹の冷えを引き起こします。

 

お腹が冷えると体は冷えないようにするために

下腹の脂肪を増やします。

そして、ますます下腹が出てきます・・・

2、骨盤が不安定な状態になるので、重心がふらつきやすくなり

体をまっすぐに支えようとして

腰、お尻、太ももの筋肉が常に力が入った状態になります。

これが慢性化すると、腰、お尻、ふとももの筋肉がパンパンになり

筋肉がしっかり働かない状態になります。

働かない筋肉は「発熱しない筋肉」なので冷えてきます

冷えると体は防御しようと脂肪を増やします。

「下腹ポッコリ」の原因は

冷えないための体の防御反応なのです。

続きは明日→

福多整体院のホームページ




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
(月・日は18:00まで)
水曜定休

メールでの問い合わせはこちらから

メールは24時間受け付けております。面倒な登録はありません。
12時間以内に返事がない場合でお急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です