患者さんは痛みを持っていらっしゃいます。

「腰が痛いんです」

と言われた時に

「どこが痛いのか?」

「どういう時に痛いのか?」

「どういうふうに痛く感じるのか?」

そして、痛いという箇所を触ったり

伸ばすと痛いという時は実際に伸ばしてもらったりして

痛みを確認していきます。

細かく聞くことで

より正確に整体をすることができますし

状態が改善します

先日

ある整形外科に行ったという患者さんが

「整形外科の先生は痛いと言っているのに

痛い所を触りもしない、聞きもしない。

では検査をしましょうねと言って検査をして

検査結果を見て話す。あれでわかるんですかね?」

と言っていらっしゃいました。

よく話を聞くというのも大事な治療だと思っています。