今日は母の14回忌。
「死ぬ」ということについて
考えます。

昨日、来院された方は77歳。
旦那さんが完全寝たきりで、
旦那さんの介護をされています。

旦那さんは寝たきりですから、
体中の筋肉が固くなっているので、
マッサージをしてほぐしてあげるそうです。

ご自分も体がキツクなるので、
保険の使えるマッサージをお願いしていたそうですが、
物足りないとのことで定期的に当院に来院されています。

家には介護スタッフの方が入れ替わり立ち代わりで
落ち着かないので、整体院の時間が最高にリラックスできる時間
と言っていただいています。

若いうちは「生きる」ことを優先に考えますが、
若いうちから「死ぬ」ことについて考えなくてはいけない
思っています。