本日は母の14回忌。

母は54歳で亡くなりました。

 

若いころは「生きる」ことを考えますが、

若いころから「死ぬ」ことを考えて(準備して)おくことも

大事だと思っています。

 

人はいくつで死んでも「おめでとう」

寿の命で「寿命」と思っています。

 

明日の命が保証されている人は一人もいません。

ですから、長く生きることよりも

生きている間を元気に過ごせることが

大事だと思っています。

 

ふくだ整体院