【大転子矯正】外体重のままウォーキングしたら危険!

おはようございます!福岡市南区の大転子矯正専門のふくだ整体院院長の福田です。

 

脂肪を燃焼させるためにウォーキングをしたらいいのですが、

外体重の方は気を付けなくてはいけません。

 

今回3回目のご来店の方の太ももの外側をほぐしていたら

前回よりも固くなっていました。

 

「前回よりも硬くなっていますね」

というと

「実は仕事中に道に迷って20000万歩くらい歩いたんですよ!」

とのこと。

 

この方はまだ外体重のクセがとれていない状態でした。

外体重のクセが抜けていない状態で長時間歩くと、それだけ太ももの外側に負荷がかかりますから

硬くなってしまいます。

 

筋肉が硬くなるということは収縮することです。

その結果大転子を外に引っ張ってしまいます。

 

運動をするのに大事なのは「目的」です。

 

ウォーキングは脂肪を燃焼させるとか血行を良くするにはとても良い運動です。

しかし、大転子矯正をしている最中は、内体重ならいいのですが

外体重のままのウォーキングはマイナスの効果になります。

 

その人の筋肉の状態で同じ運動でも、良い場合と悪い場合があります。

当店に来てきただいている方には、その方に合った運動をおすすめしています。

 

一度来店していただいた方はどうぞ気軽にご相談ください。

来店されていない方は相談してもらってもいいのですが、

体の状態を見ても触ってもいないのに正確なアドバイスはできませんから

少しアバウトな返事になることはご了承ください。




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
(月・日は18:00まで)
水曜定休

メールでの問い合わせはこちらから

メールは24時間受け付けております。面倒な登録はありません。
12時間以内に返事がない場合でお急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加