矢作直樹著「人は死なない」を読んでいます。

人は死なない,矢作直樹,

矢作直樹著「人は死なない」
を読んでいます。

人は死なない,矢作直樹,

第1章 「生と死の交差点で」
第2章 「神は在るか」
第3章 「非日常的な現象」
第4章 「霊について研究した人たち」
第5章 「人は死なない」

この内容を臨床医が書いているので
興味深いです。

これから数回に分けて
面白いと感じたところを
抜粋して書いていきます。

興味ある方はお付き合いください。

本文より

近現代における自然科学は飛躍的な進歩を遂げ、
人類はその多大な恩恵を享受していることはたしかです。

しかし、その反面、我々は科学への過信から
その本質を誤解するようになっていないでしょうか?

私には、現代の人々は、自然科学の本来の領域を忘れて
あたかも科学的方法論によって解決できない領域など存在しない
と考えるようになってきているのではないかと
思えて仕方ありません。

科学の領域、すなわち空間、時間、物質=エネルギーの
リアリティ以外にリアリティと呼べるものはない、
このような自然科学への「信仰」を、
米国の哲学者ヒューストン・スミスは
「科学主義」と呼びました。

私自身、実際に医療現場に身を置いていると、
机上で科学的に考えてすべてが解決できるほど
現実は単純ではないことを痛感しています。

繰り返すようですが、化学の進歩が目覚ましいとはいえ、
我々人間がこの「世界」について知っていることは
極めて限られているのも事実です。




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
(月・日は18:00まで)
水曜定休

メールでの問い合わせはこちらから

メールは24時間受け付けております。面倒な登録はありません。
12時間以内に返事がない場合でお急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加