ストレスが害であるという信念が人の命を奪っている!

【「ストレスが害であるという信念」が人の命を奪っている】

この研究から何がわかったか? 

前年重度のストレスを感じた人々が翌年亡くなる確率は43%高かった。

しかし、ストレスが健康に悪いと信じていた人だけに適用される数字でした。

つまり、重度のストレスを感じていてもストレスは健康に悪いと信じていない人々が死亡する確率は非常に低かった。

面白いことに、重度のストレスを感じながらも「ストレスは健康に何も関係ない」と考える人々の死亡率が一番低かったのです。

ストレスをあまり感じない人々のグループも含めてですよ!

 

研究者達は8年間に亡くなった方は182,000人と推定。

そして彼らの死亡原因はストレスそれ自体ではない、

ストレスが体に悪いと信じていたことが死亡原因となったのだ、

と結論付けました。

 

研究によれば亡くなった方の数は一年間に約20,000人です。

もしこの推定数が正しければ、

「ストレスが健康に害をもたらすに違いないと信じること」

は、昨年のアメリカ国内死因順位15位となります。

 

皮膚がん、HIV/AIDS、そして殺人よりも多く

「ストレスが害であるという信念」が人の命を奪っていることになります。

 

時間ある方は読んでみてください

ストレスの見方が変わります

http://logmi.jp/11193




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
(月・日は18:00まで)
水曜定休

メールでの問い合わせはこちらから

メールは24時間受け付けております。面倒な登録はありません。
12時間以内に返事がない場合でお急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です