健康で大事なのは幸福感

病気にならない生き方,新谷弘美,

病気にならない生き方 新谷弘実

病気にならない生き方,新谷弘美,

本文より引用

健康は幸福感なしにはありえません。

心が病んでいたり疲弊しているのに、
体だけは健康という人は存在しません。

ネガティブな感情は免疫力を低下させてしまうからです。

精神的パワーはよいものであっても悪いものであっても、
とても強いものです。

いくら健康に気を使っても
心をネガティブな思いに支配されている人は
病気になってしまいますし、
逆に身体的にかなりハードでも、
心に幸福感を持ち、ポジティブな思いをもっている人は、
病気になることはありません。

こうした精神と体の関係は、ひと昔前は科学的根拠のない
たんなる精神論と言われていましたが、最近の研究によって、
ポジティブな思考と精神的充実感、そして幸福感や笑いが
体の免疫力を高め病気の予防や治療に役立つことが
明らかになりつつあります。

心とは面白いもので、
同じできごとでもつらい、苦しいと思えば
つらく苦しい出来事として受け入れられ、
苦しい中にもある楽しい部分、新たな発見などに
心をフォーカスしていれば、
幸せなできごととして受け入れられるのです。

あなたの健康はあなた一人のものではありません。
あなたを構成している無数の命にとっての健康でもあるのです。

あなたの幸福感は、あなた一人のものではありません。
あなたを構成している無数の命にとっての幸福感でもあるのです。

でしから、もっともっと自分にとっての幸福感を
大事にしていただきたいと思います。

あなたが楽しいと感じているとき、
体中の細胞一つひとつがも喜んでいるのです。

あなたが感動したとき、
あなたの体内の常在菌たちも
感動しているかもしれないのです。

ポジティブな思考が体に良いとわかっていても
なかなかそうは思えないときも人間にはあります。

いやなことがあった時、ネガティブなことを考えたとき
ぜひ実行していただきたいのが
「ネガティブな思いを決して口に出さない」
ということです。

「言葉は現実を作ります」

ネガティブな言葉はネガティブな現実を引き寄せ、
ポジティブな言葉はポジティブな現実を引き寄せます。

ですから、心からの言葉でなくてもいいので、
つらいことがあっても、嫌なことがあったとしても、
明るく前向きな言葉を口から出すことが大切です。

これは迷信や気休めではありません。
心の中で思うことと、
口から言葉にして出すことにはとても大きな
パワーの差があります。

脳は単に思っていることよりも、
言葉として聞いたものに敏感に
そして強く反応します。

それは私たち体が
「見る」「触る」「聞く」「味わう」「嗅ぐ」
という五感から受ける刺激にもっとも強く
反応するようにできているからです。

発声した言葉は例え独り言であっても、
あなた自身が聞いています。

そしてあなたは、耳から聞いた
自分の言葉の影響を受けるのです。




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
(月・日は18:00まで)
水曜定休

メールでの問い合わせはこちらから

メールは24時間受け付けております。面倒な登録はありません。
12時間以内に返事がない場合でお急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加