あなたの変化を邪魔する存在はあなたの脳の中にいる!

おはようございます!福岡市南区の大転子矯正専門のふくだ整体院院長の福田です。

「あなたの体は今までの生活の結果です。

あなたの体を変えるにはあなたの生活を変えないといけません。」

私がよく言う言葉ですが、では「変わりたい!」と思って「生活を変えよう!」

と思っても思うように変えられない人が多いと思います。

 

そこで、なんで変えられないのかについてのお話をしたいと思います。

 

あなたが思うように変化できない理由

あなたが「変えたい!」と思った時に、変化をもっとも邪魔をするのは「脳」です。

脳が最優先していることは「死なないこと」です。
脳は生命維持を最優先に考えています。

とりあえず、今生きているのですから
「今のままでいい!」と考えるのです。

新しいことをチャレンジするというのは当然どうなるかわからないわけですから
脳は変化しないように邪魔をしてきます。

邪魔とは「不安」や「恐怖」という感情だったり、
「できない理由」を思いつかせたりします。

このように脳が「変化をやめようとすること」を
心理的ホメオスタシス(心理的恒常性)といいます。

脳が最優先にしているのは「現状」であり、
「変化」しようとしたら「現状」に戻そうとします。

変化はチャレンジとも同義ですね。

ここで大事なのは
「自分が変わろうとした時には心理的ホメオスタシスが働く」
という事実があることを知ることです。

知ることで、何かチャレンジしようとする時に不安になっても、
心理的ホメオスタシスが発動している!
と思い冷静になることができます。

新しい変化を始めようとして不安を感じたのに、
この理由をわからずに不安を押し込めて変化をしようとすると
脳は全力で邪魔を始めます。

人は無理矢理自分の感情にふたをされると
全力で反発したくなります。

しかし、「何か新しいことを始める時には不安を感じるものなんだ」
と知っていれば、不安を感じた時に
「心理的ホメオスタシスが発動してるので自分は正常!」
と思えます。

良いチャレンジだと心理的ホメオスタシスはよくないように感じますが、
無謀なチャレンジの場合はむしろ止めてくれたほうがいい場合もあるわけです。

 

この邪魔を無理に抑えるのではなく、まずは邪魔の原因を知ることです。

そしてその原因を無視するのではなく理解することで次の行動を起こしやすくなります。

「何か新しいことを始めようとしたら不安を感じるもの。
それは自分の心理的ホメオスタシスが正常に機能しているからだ。」

とまずは知ってください。

 

しかし「心理的ホメオスタシス」を感じるから正常!と言って変化しなくていいわけではありませんよね。

次回、心理的ホメオスタシスを感じた後の、脳の説得についてお話します。

 

LINE@で感想などいただけると嬉しいですし、質問あがれば次回に回答していきます。

 

 




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
(月・日は18:00まで)
水曜定休

メールでの問い合わせはこちらから

メールは24時間受け付けております。面倒な登録はありません。
12時間以内に返事がない場合でお急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加