からだの語源!からだの本質とは?

おはようございます!福岡市南区の大転子矯正専門のふくだ整体院院長の福田です。

 

健康でいるために体を良い状態にしたいのですが、
そもそも体とはどういうものなのかを知らないといけません。
 
 
前回の栄養の本質も同じですね。
体はものすごい数の細胞からできていて・・・
というようなことではなく本質。
 
 
「からだ」の語源ですが諸説ありますが、その中の1つに
「空魂(からだま)」というものがあります。
空魂とは、魂が入っていない入れ物という意味。
 
 
どんなに新鮮な肉体でも、
死ぬ=魂が抜けると腐ります。 
 
 
逆に、どんなに古い肉体でも
生きている=魂が入っているかぎり腐りません。
 
 
体は魂があって始めて存在することができます。
 
 
スピ系で「霊主体従」という言葉があります。
これは霊魂が主で体が従という意味。 
  
 
余談ですが、魂にも質量があると言われています。
ダンカン・マクドゥーガルという人が死ぬ時の体重の変化を記録しようと試みました。
その結果、人間は死の際に、呼気に含まれる水分や汗の蒸発とは異なる何らかの重量を失うと報告しました。
 
この実験結果は、1907年に心霊現象研究協会 (The Society for Psychical Research)の Journal of the American Society for Psychical Research、
ニューヨーク・タイムズや医学雑誌 American Medicine に掲載されました。
 
実験結果の信ぴょう性は低いとしながらも、
これを契機として「人間の魂の重さは21グラムである」
という説が広まりました。
 
 
車に例えるとわかりやすいと思います。
車は人が乗れば動きますが、人が乗らなければ動きません。
 
そして、ドライバーの運転が上手かどうか、メンテナンスをキチンとするかどうかで
車の劣化の度合いが変わるように
体も魂が体を上手に扱って、体をメンテナンスをすれば
長く健康で過ごすことができます。

 




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
(月・日は18:00まで)
水曜定休

メールでの問い合わせはこちらから

メールは24時間受け付けております。面倒な登録はありません。
12時間以内に返事がない場合でお急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加