冷たいものを飲食しても体は冷えない!問題は別のところにある!

おはようございます!福岡市南区の大転子矯正専門のふくだ整体院院長の福田です。

暑い日が続きますね!そんな中冷たいものを飲食したくなる時があると思います。

 

昔から「冷たいものを摂ったら体が冷える」

といういう言葉をよく耳にしますが、そんなことはありません!

 

冷たい飲み物を注文する時に「氷なしで」という意識高め風の方がいるのですが、

氷抜いたくらいで大して飲み物の温度は変わらないですよ・・・

施術中にこの話をしていたら、その方が「私、氷抜きで注文しています・・・」と非常に気まずい空気になりました(笑)

氷抜きの効果とは?

例えば、300㎖の冷たい飲み物が体重60キロの人体に入ってきて

人体が冷えるでしょうか?

かなり大雑把な計算ですが人体の7割は水分と言われています。

ということは60キロの7割は42キロ。約42リットル。

42リットルに300㎖くらい冷たい飲み物が入っても冷えないです・・・

 

来店された方にはよくお話しますが、体が冷えるのは冷たいものを体内に入れるからではありません。

体が冷えるのは血行が悪くなるからです。

 

足などが冷える「冷え性なのは結構が悪いから」

と聞いたことがあると思います。

体が冷えるのは血液が流れないことが原因で冷たいものを飲むからではありません。

血行が良い人が冷たいものを飲んでも体は冷えません。

なぜ冷たいものを飲んではいけないというのか?

ただし、冷たいものを飲食しすぎると内臓が疲れます。

体は5度以上の温度差があると疲労します。

 

これはクーラーのきいた部屋から暑い外に出たりするとその温度差で疲れます。

体温は36度、冷たい飲み物は10度だとすると温度差は26度もありますから

とくに内臓が疲れてしまいます。これがよくないのです。

 

また歌手とかで、「のどに絶対負担を掛けたくない!」という気合の入った方は

少しでも痛めたくないでしょうから、冷たいものを避けている方もいます。

そこまで、のどを大事にしないといけない方は、控えたほうがいいです。

アイスも食べていい?

私は「人生は楽しむもの!」だと思っています。

体のために食べたいものを我慢する!というほうが不健康な気がします。

(だからと言ってまったく我慢しないのも問題なので、バランスの問題です。)

 

ですから、食べたいものを食べるのが悪いとは思いません。

ただし、冷たいものの食べ過ぎ、飲みすぎには注意してください!

 

実際に今、お世話になっています角の八女茶のかき氷がおいしいので、お客様におすすめしていますが

「食べていいんですか?」みたいなことを聞かれたので、こういう話をしていました。

土日は行列ができています。

本物の抹茶の粉末を振りかけています!

 

1つ言えることは飲み物の氷を抜いても大して効果はないです。

そもそもの飲み物が常温でなく冷たいものでしたら

氷を抜いても飲物の温度はそんなに変わらないですからね・・・

 

よくわからない方は気軽に質問してくださいね。

少し暑さが落ち着いて、夏の疲れがでやすい時期です。

 

体調を崩して風邪をひいた方がいたり、急な不幸が起きたりしています。

疲れをためないように、内臓に優しい食事をしたいですね!

そのために冷たいものの摂りすぎには気をつけましょう(笑)

 

 

 




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
(月・日は18:00まで)
水曜定休

メールでの問い合わせはこちらから

メールは24時間受け付けております。面倒な登録はありません。
12時間以内に返事がない場合でお急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加