整体師が教える「ねこ背」を改善する方法!

おはようございます!福岡市南区の大転子矯正専門のふくだ整体院院長の福田です。



 

 

1日で背中がまっすぐの時間が長ければ「良い姿勢」

背中が曲がっている時間が長ければ「ねこ背」です。
 
 
なので1日の中で背中をまっすぐの時間を増やせば
ねこ背ではなくなります。 
 
 
ではどうやってまっすぐの時間を増やすかといいますと、
人が起きている時の姿勢は「立つ」「座る」「歩く」の3つです。
 
 
この「立つ」「座る」「歩く」それぞれで
背中をまっすぐにする方法を知っておくと
まっすぐの時間が増えます。
 
 
「立つ」と「座る」は手を後ろに回して
肘を持ってください。
巻き肩の人が最近多いですが、
これで肩は後ろに行き、背中がまっすぐになります。
 
 
そして「歩く」ですが、
普通歩く時に腕を前に振ります。
だから前傾姿勢になりますので、
腕を後ろに振ってください。
 
肘を体よりも後ろに振るイメージでいいです。
 
 
上記を意識していると
起きている時背中がまっすぐの時間が増えますから
「良い姿勢」になります。
 
 
おまけで、人の腕というか手は日常
肩より下、体より前の空間でしか使いません。
 
 
なので、常に脇は締めた状態です。
だから、脇が固まってしまい
腕を上げると痛い=40肩・50肩になります。
 
 
普段から体よりも後ろ、肩よりも上に腕を動かしていると
脇周辺の筋肉が伸びますので、40肩・50肩になりません。

 




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
水曜定休

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加