【自宅でできる大転子矯正】外側広筋のストレッチ

大転子が出っ張っている方は全員が外体重だと言っても

過言ではありません。

 

外体重になると太ももの外側の筋肉に負担がかかります。

その結果、収縮して硬くなるのが「外側広筋」です。

外側広筋,

見ての通り、外側広筋は大転子とヒザにつながっています。

この外側広筋が収縮して硬くなると、大転子(大腿骨)を外に引っ張りますし、

股関節に入れようとしても収縮しているので入りません(矯正できません)

 

そこで、この外側広筋をほぐしてほしいのです!

外側広筋ほぐし・その1

外側広筋,ほぐし,

1、大腿部を上から外側に向かって指を進めた際に、

  一番凹みがある部分をつかみます。

2、ななめ下方向に引っ張て伸ばします。

3、約30秒ほど伸ばします。

外側広筋はヒザに向かって筋が走っていますので、

その方向に伸ばしてください!




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
(月・日は18:00まで)
水曜定休

メールでの問い合わせはこちらから

メールは24時間受け付けております。面倒な登録はありません。
12時間以内に返事がない場合でお急ぎの方は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加