プロテインとは?ボディメイクのために飲むべき理由とおすすめを紹介!

おはようごうざいます!福岡市南区の大転子矯正専門のふくだ整体院院長の福田です。

 

実はプロテインは苦手でした!

どこか毛嫌いしていました。

しかし、現在当店がしている下半身に特化したダイエットプログラム

「Beauty Legs Program」で一緒に指導してもらっている上原パーソナルトレーナーがおすすめしていますので

ボクも飲んでみることにしました!

この体に反論はできません・・・

これはダイエットに限らず、仕事でも趣味でも結果を出したいのであれば、

結果を出している人の言うことを素直に「押忍!」と言って聞くことが大事だと思っています。

上原さんのような体になれるとも思いませんが

健康的に生きるために、そこそこな体にしたいと思っています。

それと最近、お客様から「プロテインはいいのでしょうか?」

という質問もよくいただきますので、ボクなりにプロテインについてまとめたいと思います。

プロテインとは?

そもそもプロテインとは何か?
をご存知ない方がいるかも知れないので
そこから始めます。

とくに女性の多いように思いますが、プロテインは「筋肉増強剤」のようなものだったり、

「プロテインを飲むと太る」といった認識を持っている人がいますね。

プロテインとは「タンパク質」のことです。
たまに「プロテインを飲むと筋肉が増大する」
と思っている方がいますが、プロテインを飲むだけで筋肉は増大しません。

主な太る原因の一つは余分な糖質と脂質の摂取によるものです。
通常タンパク質が足りている人は少ないため、筋トレするしないに関わらずプロテイン(タンパク質)を飲む事で太ることはほぼないですよ。

 

プロテインの種類は?

プロテインは、

ソイプロテインとホエイプロテインとカゼインプロテインがあります。

ソイプロテインはそんな大豆のたんぱく質部分だけを抽出して作られたサプリメントアイテムになります。
大豆には植物性たんぱく質が豊富に含まれており、美容効果も期待できます。

プロテインの筋肥大効果は?

ソイプロテインよりもホエイプロテインの方が筋肥大には効果的と言われています。
ソイプロテインはホエイプロテインと違い、体へ吸収されるスピードが遅いため、効率よく筋肉へ届けるというよりも、
腹持ちが良くなるというデータが多く揃っています。

しかし、ソイプロテインだからといって筋肥大しないわけではありません。
ソイプロテインをしっかりと摂取することで筋肉は成長します。

ソイプロテインの特徴

ソイプロテインのメリット1、「ダイエット効果」

ソイプロテインは腹持ちがよく、満腹状態を維持でいます。
さらにカロリーも抑えられており、ダイエットに最適の食品です。

「体をムキムキにしたくない!」「すらっとボディを手に入れたい。」
という女性向きなプロテインと言えます。

ソイプロテインのメリット2、「皮膚の強化に良い」

ソイプロテインの原料である大豆は、イソフラボンが多く含まれています。
イソフラボンは皮膚=お肌の環境に大きな影響を与えています。

イソフラボンのサプリメントではないため、
ソイプロテインを摂取するからといってイソフラボンをメインに摂取できるわけではありませんが
大豆食品を食べていない方には効果的です。

ソイプロテインのメリット3、「お腹をくだしにくい」

プロテインを飲むとお腹を下すという人もいます。
これはホエイプロテインやカゼインプロテインに含まれている動物性たんぱく質が原因です。

牛乳は人によってうまく吸収できず、下痢や腹痛となる人もいます。
ソイプロテインは動物性たんぱく質が含まれていないことが多いので、
お腹を下すことなく使用可能です。

ソイプロテインのメリット4、「リーズナブル」

ホエイプロテインに比べて価格がリーズナブルです。

ソイプロテインのデメリット

一般的には「飲みにくい」と言われています。

ホエイプロテインの特徴

ホエイプロテインは牛乳を原料としています。

ホエイプロテインは母乳の成分に近く、低カロリーで栄養が凝縮していて、吸収が早いのが特徴です。
この特徴からタンパク質が不足しがちな運動直後のタンパク質の補給には最適といえます。

ホエイプロテインのメリット1「吸収が早い」

吸収が早いので運動直後の摂取がおすすめです。
運動で破壊された筋細胞を再構築するのに良いです。

ホエイプロテインのメリット2「飲みやすい」

水溶性のホエイプロテインは水にも溶けやすく飲みやすいです。

ホエイプロテインのデメリット

牛乳が原料なので、牛乳でお腹をくだす人は同じく
お腹が痛くなる人もいます。

ソイプロテインに比べたら価格は高くなります。

ガゼインプロテインの特徴

ガゼインプロテインはチーズやヨーグルトを固める、
一般に乳固形分と呼ばれる成分の主要成分の一つです。

ホエイプロテインが水溶性であり、吸収が早いのに対し、
不溶性で固まりやすいので吸収されにくいという特徴があります。

就寝時、寝ている間もエネルギーを消費しています。
そんな時、カゼインプロテインはカルシウムなどと結びつき、
その物質をゆっくり吸収させる能力を持っています。

夜にお腹が空いて眠れないなどもカゼインプロテインの持つ持続性が解決してくれます。
他の物質と接合したカゼインプロテインはお腹の中で固形となって消化吸収されにくくなるので、
満腹感を持続させてくれるため、間食の予防にもなります。

プロテインはいつ飲むのがいいのか?

運動後にプロテインを飲むと良いイメージですが、飲むタイミングを上原さんに聞いてみました!

上原トレーナー

一般的に運動後のプロテインのタイミングはできれば直後、あとはなるべく早くといいとは言われてますね!

実際は45分以内のゴールデンタイムに取り込む事がタンパク質合成に良いと言われますが通常のホエイプロテインの消化分解吸収からして45分で取り込むのは難しいとも言われています。
ホエイペプチドやアミノ酸形状などであれば吸収にいたる速度が上がるので運動後にはおススメです!

個人的にガチガチのトレーニーじゃなければ、1日トータルでしっかりとタンパク質が取れるようにできればいいと思います❗️
あくまでおすすめタイミングの一つとしてとるという感じですね(big smile)
運動後だけとれてトータルでとれてなければマイナスなので(手)

整体師福田が選んだプロテイン!

上記、書きましたようにソイプロテイン、ホエイプロテイン、ガゼインプロテインの特徴があります。
この特徴を考えてボクはソイプロテインとホエイプロテインを注文しました!

現在、Beauty Legs Proguramでは「起きプロ」と言って
朝起きてすぐにプロテインを飲むことをおすすめしています。

今までボクは朝起きてすぐは「水」を飲むようにしていましたが、
ソイプロテインを飲むようにしました。

そして筋トレの後にホエイプロテインを飲みます。

寝る前にガゼインプロテインを飲むといいと書いていますが

ボクの健康習慣からすると「寝る前は胃に何も入れないほうがいい」

と思っていますので、ここは取り入れませんでした!

ボクが注文したのは上原さんがおすすめしていたものです。
選ぶのが面倒という方は、すぐに注文できるように
リンクを貼っていますので、チャレンジしてみてください。

ボクが注文したものはコチラ↓

 

同じ1kgですが、ホエイプロテインのほうが高いですね!

amazonは注文してすぐ配達されるので、ボクはamazon利用が多いです。

色んな種類や味がありますので、色々調べてみるのも面白いと思います。

 




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 



お電話のご予約はこちら【完全予約制】
TEL 092-982-5835
営業時間 9:00〜21:00
水曜定休

ラインでもご予約できます。

ここをタップして追加↓

友だち追加