大転子を引っ込める「歩き方」「立ち方」「座り方」でねこ背・正しい姿勢にもなる!

福岡市南区大転子矯正専門店ふくだ整体院院長の福田です。

今回は大転子矯正を引っ込めるのと、ねこ背改善に有効な「立ち方」「歩き方」「座り方」を動画で説明しています。

 

大転子を引っ込めるだけでなく、ねこ背改善にも有効です。

日常生活の使い方の結果が今のスタイルです。

日地上の使い方が良い方向に変わればスタイルも翌なるのは必然です。

大転子・ねこ背改善に有効な立つ・歩く・座るの論理

起きている姿勢は「立つ」「歩く」「座る」のどれかです。

この立つ・歩く・座るをすべて正しい姿勢で過ごすことができれば、必然的に良い姿勢になります。

 

正しい姿勢ではないということはゆがんでいる状態です。

少し傾いた家を想像してほしいのですが、その状態でいたら傾きは年々ヒドクなっていきますよね。

体も同じで正しい姿勢を作れないと、負荷が掛かって体は疲れやすくなり歪みは年々ヒドクなります。

ほとんどの方が「正しい」使い方がでいていません。

その理由は「知らない」「できない」です。

 

知らない方は本日の動画で知ることができますのでOKです。

次のできないですが、正しい姿勢を維持するには「筋力」が必要です。

筋力がないと支えることがでいないので、良い姿勢を作れません。良い姿勢を作ろうとすると最初はキツイと思います。

ただ、この良い姿勢を作ろうとしていると自然と筋力がついてきますので、チャレンジしてほしいと思います。

 

ダイエットにエクササイズはマストですが、なかなか時間を作れないという声もお聞きします。

そういう方でも日常生活の中で良い姿勢を作ることがエクササイズ代わりになります。

キチンとすれば良い姿勢を作るだけで体は細くなると断言できます。

ぜひチャレンジしてみてください。

大転子を引っ込める立ち方

歯磨きや髪の毛を乾かす時など、日常生活の合間でしてみましょう。

大転子を引っ込める歩き方

さらに、歩く時はダラダラ歩くのではなく早歩きをして、大股で歩くことをお勧めします。

早く歩くことで運動量がアップすることと、大股で歩くことで股関節周辺の筋肉が伸び縮みすることで、より血流がよくなり消費カロリーが上がります。

大転子を引っ込める座り方

座っている時は足を閉じることが大事です。

気を抜くとすぐに足が開いてしまいます。

さらに良い姿勢を効果的にするドローイン

「ドローイン」一言で言うと呼吸をしながら「腹を凹ませる」エクササイズです。

このドローインと組み合わせて「立つ」「歩く」「座る」をすると

更に効果が上がります。

 

ドローインの方法

 

1、

まず背筋を伸ばして立ち、おしりの穴を内側にギュっと締める。

脚は腰幅に開き、そのまま鼻からゆっくり息を吸い

お腹をふくらませる。

 

2、

口で息を細く吐きながら、おへそを中心に

お腹を凹ませる。

お腹と背中をくっつけるくらいの感覚で凹ませます。

5秒吸って5秒吐く感じです。

 

そして、息を吐いてお腹を凹ませた状態でキープして「立つ」「歩く」「座る」をしてください。

お腹を凹ませた状態でキープすると腰がまっすぐになる感覚があると思います。

 

この状態が姿勢を良くしますし腹筋に力が入った状態ですので、消費カロリーも上がります。

大転子を引っ込める立ち方・歩き方・座り方のまとめ

いかがだったでしょうか?

1つ1つしっかりと見て、わからなくなったら繰り返し見て説明の通りにしてみましょう。

何かが足りないと良い姿勢は作れません。

わからないことがありましたら気軽に質問してください!

あなたのダイエットを応援しています!




ふくだ整体院
092-982-5835
大転子関連のまとめ記事はこちら↓
大転子の記事まとめ 


ネット限定!初回お試しキャンペーン

あなたに正しい脚の使い方をお伝えします!

6000円でお試しいただけます。

(通常料金:9000円)

【完全予約制】

ラインから予約できます

ここをタップして追加できます↓

友だち追加

ダイエット情報・お得なご案内を配信しています。

お電話のご予約はこちら
TEL 092-982-5835
営業時間 10:00〜21:00

(13:00~15:00昼休み
水・日曜定休

メッセージは24時間受け付けております。